大工工事

佐賀市内|痛んだ戸袋を修理してきれいに!

便利屋アートマンの鈴木です。

今回は佐賀市内にお住まいのお客様から、
戸袋の修繕をご依頼いただきましたので、
その時の様子をご報告させていただきます。

「戸袋が痛んでいるのが気になる」
「戸袋の修理ってどこに頼めば良いんだろう?」
「いくらぐらいかかるの?」

こういった疑問や心配を抱えていませんか?

この記事では、戸袋を修繕する際の手順や注意点、
相場など解説していますので、参考にしてみてください。

◆戸袋修理の依頼の経緯◆

自宅の改装をしたいので、外壁工事に合わせて戸袋(雨戸が入っている場所)の修繕もして欲しいとのご依頼をいただきました。

◆修理前の戸袋の状態◆

こちらが修理前の戸袋です。
雨や日に晒されて痛んでいますね。

玄関のすぐ近くにあり目立つので、依頼者様も気になっていたそうです。

◆戸袋修理の施工手順◆

今回の戸袋修理は、表の板以外はそのまま使うことになったので

  1. 電線や電気系の設備取り外し
  2. 表の板を外す
  3. 新しい板のケレン掛け
  4. 新しい板の塗装
  5. 新しい板の打ち付け
  6. 電線や電気系の設備を戻す

という工程で作業しました。

まずは戸袋に付いていた電気周りの配線を外します。
その際には万が一の感電を防ぐために、ブレーカーを落としてます。

電線と設備は、ビス(ねじ)とステープル(大きいホッチキスのような物)で止まっているので、ドライバーとペンチで外すことができます。

次に戸袋の板を外していきます。

痛みが少なければ塗装するだけでも見栄えはかなり変わるのですが、今回は損傷が激しかったので新しいものに張り替えることにしました。

大きなバールを使って板を剥がしていきます。

戸袋の胴縁(板を貼る基礎部分)は今回そのまま使うことにしたので、
バールが当たる場所に当て木をするなど、痛めないように気をつけて剥がしていきます。

次は、新しい板をケレン掛けします。
ケレンとは、表面をヤスリがけしていくことです。

ケレンをかけると以下のようなメリットがあります。

表面が滑らかになり、見た目がきれいになる
汚れを取ることで、塗装が剥がれにくくする
毛羽立ちを無くすことで塗装が剥がれにくくする

汚れが残っていれば、その上に載った塗料は剥がれやすいですし、
毛羽立ちの上も同じく塗料は剥がれやすいです。

塗料は1ヶ所が剥がれると、そこから広がるようにして
ドンドン剥がれていく特徴があるため、
この段階でしっかりとケレンしておくことが
塗装を長持ちさせる重要なポイントです。

ケレンは市販の紙やすりだけでもできますが、とても時間がかかってしまいます。

下の写真の、サンダーという電動でヤスリかけできる機械があるので、
これを使うと作業時間を大幅に短縮することができます。

BOSCH(ボッシュ) 吸じんオービタルサンダーPRO

次はケレンした板を塗装していきます。

立てかけて塗るとムラができやすいので、水平の状態で塗装しています。

地面に直接板を置くと汚れたり、石の上に板が乗って痛んでしまうことがあります。
何より体が辛いです(笑)
なので、作業台の上で塗装すると良いでしょう。

よく大工さんは写真のような馬と呼ばれる物を2つ使い、上に板を渡して作業スペースを作っています。


コンパネ作業台(針葉樹合板製)

塗料は1度塗りでは取れやすいので、最低でも2度塗り、
可能なら3度塗りするようにしています。

塗る時には刷毛(はけ)では時間がかかる上にムラができやすいので、
ローラーを使って塗装していきます。

塗装する際には塗料が垂れても良いように、
作業スペースの下にはブルーシートを敷いたり、
汚れても良いスペースで作業します。

次は塗装した板を打ち付けていきます。

実は木材には、表裏、上下があります。

大工の世界では、木が生きて立っていた時の通りに使ってあげると、
木材が長持ちすると言われているのです。

アートマンの大工職人はこの木の表裏と上下にもこだわりながら板を貼っていきます。

木材は、長さと厚みは同じでも、
1本の木のどこから切り出された木材なのかによって、
1枚1枚違ったクセがあり、少し曲がっています。

かといってこのクセのとおりに貼ってしまうと真っ直ぐに仕上がらないので、
クセを上手く殺しながら貼ると、板は真っ直ぐに貼ることができます。

最後に外した電線や電気系の設備を戻したら完成です。

電線を戻す際には念のため絶縁のステープルを使っています。

◆修理後の戸袋◆

上の写真が完成後の戸袋です。
戸袋に合わせて柱も塗装しました。

◆戸袋修理の金額◆

一般的な戸袋修理の相場は3万円〜15万と言われています。

今回、便利屋アートマンでは、
材料費、外した板の処分代、作業代 等
諸々合わせて、1箇所25,000円(税込)で行わせていただきました。

今回は2箇所修繕したので、
25,000×2=50,000円でした。

作業に当たったスタッフは2名、半日ほどで完了しました。

戸袋の修繕に関するお問い合わせは
以下までお電話下さい。

お見積りは無料です。

お見積り・ご相談、全て無料!
お気軽にお問い合わせ下さい。
リフォーム・修繕 内装(クロス貼り替え)
室内清掃・ハウスクリーニング 大工工事
草刈り・剪定・伐採 エアコン
電気工事 解体・撤去
害虫駆除 鳥害・獣害対策
外構工事 塗装
ホームページ制作 その他・お困りごと

-大工工事

Copyright© 佐賀県内でお困りの事なら「便利屋アートマン」 , 2020 All Rights Reserved.